6月27日(金)

(1)
緑のインフラ蛇、あるいはインフラと建築が一体化した〈インフラーキテクチャー(Infrarchitecture)〉のファブリケーションが続く。壁を突き破って現れたかのようにインフラ蛇が壁面に接着される。

(2)
今日のI医師は、情報と電子メディアの生命倫理をめぐって、専門の研究者と会場で議論を繰り広げた。

(3)
映像を鮮明にするため、スポットライトの照明を落とすなど、会場のライティングに変更が加えられる。

(4)
包帯スクリーンの下に入り込むことによって、来場者は胎児のような姿勢をとる。そのスクリーン上に、というよりもスクリーンを通して見る映像は、そんな胎児の見る夢だろうか。

(5)
会場正面のスクリーン二面に映し出すパルスの映像を制作している。明日のギャラリー・トークまでには映写される予定。

アーバン・ファブリケーション
胎児の夢1
胎児の夢2
胎児の夢3
インフラ建築の侵入
インフラ建築の風景1
インフラ建築の風景2
インフラ建築の風景3

back to index