残像のなかの建築 ─ モダニズムの〈終わり〉に 目次


まえがき ─ 近代建築史へのまなざし
序.美術史の曖昧な対象 ─ 衰退期について
   〈可視的なもの〉と身体 ─ フィードラー、ヒルデブラント
   衰退期の価値転換 ─ リーグル
   アレゴリーとしての建築ドローイング ─ ベンヤミン、リンフェルト
   引き裂かれた知覚 ─ アウラと非芸術
I.壁と扉
1.着衣の作法 ─ アドルフ・ロースのダンディズム
   着衣の原理 ─ 建築のダンディズム
   装飾とエロス ─ 仮面の論理
   〈ダ・ダンディ〉ロース ─ その墓に
2.ウィトゲンシュタインの扉
   家族の肖像 ─ 建築と哲学の〈身ぶり〉
   橋と扉 ─ ウィトゲンシュタインとハイデガー、そして〈住むこと〉
II.大地
3.建築という祝祭 ─ 〈幻想建築家〉ブルーノ・タウト
   生成する建築 ─ 加速する幻想
   大地の変容 ─ ユートピアとニヒリズム
4.血のデュナーミク ─ 仮想のアインシュタイン塔
   20世紀のカメラ・オブスキュラ ─ 相対論的〈場〉の建築
   戦争機械の系譜 ─ 動員される建築
III.建築家の欲望
5.生成変化する迷宮 ─ クルト・シュヴィッタースのメルツ建築
   メルツの論理 ─ 廃物の〈毒〉と作品形式
   〈エロティックな悲惨の大聖堂〉 ─ アトリエに埋葬される世界
   メルツという〈私〉 ─ 未完の〈主体〉
6.虚のファルス ─ 建築家ミース・ファン・デル・ローエの誕生
   構造という思想
   ガラスの矛盾
   建築家のヒステリー的主体 ─ モダンの〈伝統〉
7.終わりの時代の建築家 ─ ダニエル・リベスキンドの署名
   建築の〈他者〉/建築の〈終わり〉
   歴史のただなかの空虚 ─ 固有名としての建築
〈終わり〉に ─ Before and After Architecture
Back to Info of this book

Back to Index