『政治の美学』書評(永野宏志さん)


『図書新聞』で書評していただきました。

『図書新聞』2918号(2009年5月23日)、5頁。
日本近現代文学が専門の永野宏志さんによる書評です。
見出しには
「「事後性」という思考の習性は危機において前景化する──現代の参照すべき地図である三〇年代と七〇年代の歴史」
とあります。

キッチュの反復というジーバーベルク的な方法が拙著に滲透していたことを改めて自覚させられました。
拙著から出発して「蝶を追う」ように展開してゆく、拡がりをもった書評に感謝します。

Posted: 日 - 5 月 17, 2009 at 08:40 午前          


©