Blog (Before- & Afterimages): 2009年7月アーカイブ

2009年7月アーカイブ

お終いまでほぼ満員だったのではないでしょうか。
皆さん、お疲れさまでした。
三ヶ月で雑誌の製作とこれだけの内容のイベントを実現したのはまったく天晴れだと思います。

ゲストのお話からもいろいろなアイディアを得ましたが、今回のイベントが成功したという事実それ自体からも考えさせられたことが多いですね。

当日の記録はとりあえず次の記事で。
http://d.hatena.ne.jp/komapress/20090725/p1
http://d.hatena.ne.jp/komapress/20090725/p2

ともあれ、良かったです。
《un-fold》vol.1.「雑誌」と「時」----語り直される時間
(「fold」創刊記念トークイベント)

2009 年7 月25 日( 土)18:00 〜 21:00 
於 東京大学駒場キャンパス18 号館ホール

【入場料】
1000 円(特別割引900 円) 参加者には「fold」創刊号(通常1000 円)を1 冊贈呈。

受付は17時、開場は17時30分から。
当日券は17時から販売。

詳しくはこちら
書誌情報は
田中純「書評:谷川雁『谷川雁セレクション』I・II」、「読売新聞」2009年7月19日付朝刊。



国立西洋美術館で次の展覧会が開かれています。

《かたちは、うつる──国立西洋美術館所蔵版画展》
2009年7月7日(火)〜8月16日(日)

これに関連して、講演会で話します。

2009年8月1日(土) 14:00〜15:30
田中 純[東京大学大学院准教授]
「情念の形態学──アビ・ヴァールブルク「ムネモシュネ」の解読」
参加方法
会場:  国立西洋美術館講堂(地下2階)
定員: 先着145名(聴講無料。ただし「展覧会」の鑑賞については別途観覧券が必要です。)
当日12:00より、館内インフォメーションにて聴講券を配付します。
なお、会場の講堂へは企画展改札(地下1階)を通過する必要があり、聴講券のみで通過いただけるのは13:30以降となります。(開場時間は各日共13:30)

定員になることはないと思いますが、聴講券を確保したい方は連絡をください。お名前を担当者に伝えておきます。

追記:この記事に対する「コメント」の本文部分(「コメント」の欄)に氏名を書いて投稿してください(電子メールなどは不要)。コメント(つまり投稿者の名前)は公開されません。

ユニクロ・カレンダー

これも模型化された世界。クリック拡大して音楽付きでどうぞ。

代々木上原

SDIM0109.jpg

SDIM0117.jpg

SDIM0120.jpg

SDIM0122.jpg

SDIM0124.jpg

SDIM0129.jpg

SDIM0132.jpg

SDIM0138.jpg

行き倒れたように眠る。

SDIM0141-1.jpg

起きるか?

SDIM0148-1.jpg

・・・・・・挫けた・・・・・・

SDIM0143.jpg

SDIM0144.jpg

SDIM0155.jpg

SDIM0157.jpg

群島

この記事についてひと言。

今福龍太氏の『群島-世界論』(岩波書店)については読売新聞に書評を書いた。
ただし、ある齟齬を感じていることもそれ以前に記している
そこにも書いた通り、この書物で記憶にとどめるべきは、奴隷船から「廃棄」された黒人奴隷の骨が珊瑚と一体化した白い海底の光景だろう。

しかし、新聞書評では今福氏のヴィジョンを簡潔に肯定したいと思った。
そして、
詩的で繊細な著者の文体が分厚い書物という形で「世界」を出現させたことを、今もはっきりと支持している。

世田谷の亜熱帯

SDIM0098.jpg

SDIM0101.jpg

SIGMA DP2で撮影。
まだ、まったく使いこなせていない。
AFなのにピントが外れるのも愛嬌か。
けれど、何でもそれなりに撮れてしまうことにどこか倦んでいたのだから、これでいいのだ。

独特なイメージセンサーゆえの「切れのいい」画像。
安直なデジカメに慣れきった身には使いにくい無骨さ。
かといって、ごてごてとマニュアルの操作系を詰め込んでいるわけでもない。
癖がある。
しかし、連れて歩きたくなる。
何か、人間の好みにも似たものがある。

所詮、うまく撮れないのは自分の腕の問題なのだが、接写はちゃんとしたいなあ。

SDIM0089.jpg

周期的同時多発性

必要があって1990年代半ばからのメールを見返す。
1999年から2000年にかけて、大学の組織編成などに忙殺され、翻弄されていたことを思い出す。
2002年にカッチャーリ氏を招聘した計画には、当初、リベスキンド氏も含まれていた。折り合いがつかずに立ち消えとなったが、磯崎さんの建てた東京グローブ座で二人の対談を行なうというアイディアは、今でも魅力的だったと思う。奇しくもこの小屋は2002年にジャニーズ事務所に買収されてしまった。
2005年も学会設立に向けて動き出した点で節目になる年だった。
そして、出来事はいつも同時多発的に起こる。

情報学環ができてもう十年ということか。一期生の平倉氏の博論審査に、設立当時の総長である蓮實先生と現在の学環長である石田先生を迎え、感慨深かった。
あの博論審査はとてもいい会だった。

十数年を振り返れば、苦い思い出もある。
どんなことであれ、長期的に責任を取る覚悟のある発言かそうでないか、自分で泥をかぶるつもりがあるかどうかが、発言の信頼性の根拠だろう。
気の効いた「アイディア」ならばどんなことでも言える。そして、そのアイディアの責任を取らないことに対する幻滅を感じた十年ではあった。

いい加減に寛容になりたいとは思うものの、こればかりはどうしようもない。
一貫性のなさにほとんど怒りすら覚えて、それを「自分は一貫した主張をする「もの書き」であろう」と覚悟する動機にしてきたのだから、これもまた良しとすべきだろうか。

本郷・不忍・弁才天

SDIM0023.jpg

SDIM0034.jpg

SDIM0039.jpg

SDIM0042.jpg

SDIM0053.jpg

SDIM0056.jpg

SDIM0065.jpg

亀の甲羅干し。

SDIM0061.jpg

SDIM0068.jpg

本がかなり届く。豪華本の体裁のイメージ論叢と始祖鳥についての決定版(たぶん)。

SDIM0069.jpg



書誌情報は、 

Website

Profile

田中 純
東京大学大学院総合文化研究科・教授
TANAKA Jun, Ph.D.
Professor
The University of Tokyo

Profile (日本語)
Profile (English)

J-GLOBAL 研究者情報
J-GLOBAL English

科学研究費交付実績

『政治の美学』情報

最近の画像

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
CURRENT MOON

過去のブログ記事