2009年の3冊 - Blog (Before- & Afterimages)

2009年の3冊

読売新聞書評の最終回です。
書誌情報は
田中純「読書委員が選ぶ「2009年の3冊」」、「読売新聞」2009年12月27日付朝刊。
短文なので下記に引用します。

〈1〉前田英樹著『独学の精神』(ちくま新書、700円)

〈2〉服部文祥著『狩猟サバイバル』(みすず書房、2400円)

〈3〉互盛央著『フェルディナン・ド・ソシュール』(作品社、6000円)

 哲学者・剣士による〈1〉と登山家・猟師による〈2〉に共通するのは、読後の爽(さわ)やかさだ。斬(き)るべき者を斬り、仕留めるべき物を仕留 める、その最後の決断にはためらいがない。剣士は巷(ちまた)の教育論の浅知恵を一刀両断し、猟師は食と殺生をめぐる人間社会の欺瞞(ぎまん)を撃つ。だ が、いずれも殺伐とはせず、むしろ大らかで懐が深い。〈3〉は言語学者の孤独な夢を一世紀を経て甦(よみがえ)らせた渾身(こんしん)の大作。書物は同時 代のためにだけ書かれるものではない。

『狩猟サバイバル』については、案の定と言うべき否定的反応があるようです。しかし、それこそこの本が出発している疑問の大元でしょう。わたしにはサバイバル登山を行なう度胸も器量もありませんが、著者の覚悟はしっかと受け止めました。

Website

Profile

田中 純
東京大学大学院総合文化研究科・教授
TANAKA Jun, Ph.D.
Professor
The University of Tokyo

Profile (日本語)
Profile (English)

J-GLOBAL 研究者情報
J-GLOBAL English

科学研究費交付実績

『政治の美学』情報

最近の画像

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
CURRENT MOON

過去のブログ記事