シンポジウム「建築保存の現在」 - Blog (Before- & Afterimages)

シンポジウム「建築保存の現在」

日時:11月11日(木)17:00-19:00
場所:東京大学駒場キャンパス|アドミニストレーション棟3F|学際交流ホール
地図
入場無料|事前登録不要

【趣旨】
近年とみに、歴史的建造物を様々な形で「保存」する試みが盛んとなっている。
その形式は、現状そのままの「保存」から、アッサンブラージュのような「一部保存」、転用やリノベーション等、様々である。このような状況を、具体的事例に即しつつも俯瞰的視点から再考するために、このシンポジウムでは、日本における「建築保存」の特異な二形態----「三菱一号館」と「原爆ドーム」----に焦点を当て、分析と議論を行う。
現在の日本において「歴史的建造物の保存」が有する、政治的・社会的・文化的な意味を浮上させることが、当シンポジウムの最終的な目的である。

【提題者・レスポンダント】
中谷礼仁(早稲田大学准教授)
「保存とは何か----建築における生と死とを考える」
【発表者1】
内田祥士(東洋大学教授・建築家)
「三菱一号館----その解体と再現の背景を考える----」
【発表者2】
頴原澄子(九州産業大学講師)
「『原爆ドーム』をまもってきたもの」
【コメンテーター】
田中純(東京大学教授|UTCP)
【司会者】
小澤京子(UTCP)

Website

Profile

田中 純
東京大学大学院総合文化研究科・教授
TANAKA Jun, Ph.D.
Professor
The University of Tokyo

Profile (日本語)
Profile (English)

J-GLOBAL 研究者情報
J-GLOBAL English

科学研究費交付実績

『政治の美学』情報

最近の画像

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
CURRENT MOON

過去のブログ記事