ヴェルナー・ヘルツォーク監督『忘れられた夢の記憶』 - Blog (Before- & Afterimages)

ヴェルナー・ヘルツォーク監督『忘れられた夢の記憶』

昨年11月にドイツで見たときの感想をまとめておく。

ヘルツォークのCave of Forgotten Dreamsを観る。地味だけど3Dで観る価値はあるのでは? 洞窟壁画の映像は素晴らしい。とくにバイソンと女性の下半身が重ねて描かれた突起物など。Postscriptで一ひねりがある。ショーヴェ洞窟から遠くない原発で、蒸気熱によって熱帯の温室を作り、ワニを繁殖させているという話。とくにアルビノの双子のワニとイメージの分身性をめぐる考察が興味深い。

このPostscriptに登場するワニが気になったので調べてみると、トリカスタン(Tricastin)原発の熱水を利用したクロコダイル・ファーム(La Ferme aux crocodiles)とようやく判明する。しかし、ヘルツォークの映画では原発近くのワニ園だからアルビノが生まれたような印象を与える作りになっていたような・・・。 映画にはアルビノの双子アリゲーターが登場するのだが、これについては「希少な白いワニ、欧州で初めて公開 フランス」という2010年2月の記事がある。これによると「アルビノ・アリゲーター」は米ルイジアナ(Louisiana)の動物園のものだという。

ドイツ語のナレーションやクレジットを十分把握していない可能性があるので断言はできないが、本編に比べてPostscriptはちょっと情報の提供の仕方が曖昧だったようには思う。評を見ると「Postscriptは不要」「意味がわからない」といったものが多い。しかし、問題はあるにせよ、刺激はされた。約3万2000年前の動物壁画が眠る洞窟と原発の冷却炉、さらに熱帯ワニ園との予想外の結合にはショックがあった。太古と現在、未来的なものとの多重化。数万年前の回帰とも未曾有の未来に向かうとも思える、人間の歴史の果ての自然史のイメージ。

同じ疑問をもつ人はすでにいた。Herzog's "Ecstatic Truth": Are Those Alligators Really Radioactive Mutants?   これによると、"Werner Herzog's conclusion may be ecstatically true, but it's empirically false. " この点について、ヘルツォークは「Ecstatic Truth」と言っているらしい(参照)。このスピーチにはなんと偽ロンギノスの崇高論が出てくる。なるほど、アルビノのワニの前には、『バッド・ルーテナント』 のイグアナという伏線があったのか・・・。洞窟映画のPostscriptはもはや事実の記録ではなく、崇高で「エクスタティックな真理」の表現だ、ということなのだろう。その意味ではフィクションなのである。

ところで、イグアナからアリゲーターにいたる原点は盟友クラウス・キンスキーにあったのではなかろうか。そういえばナスターシャも蛇女である。

Website

Profile

田中 純
東京大学大学院総合文化研究科・教授
TANAKA Jun, Ph.D.
Professor
The University of Tokyo

Profile (日本語)
Profile (English)

J-GLOBAL 研究者情報
J-GLOBAL English

科学研究費交付実績

『政治の美学』情報

最近の画像

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
CURRENT MOON

過去のブログ記事