Blog (Before- & Afterimages): 2012年4月アーカイブ

2012年4月アーカイブ

スライド1.jpg

シンポジウム「アビ・ヴァールブルクの宇宙 MVNDVS WARBVRGIANVS──『ムネモシュネ・アトラス』をめぐって」

「ペルセウスの行方――スキファノイア宮からアトラスへ」 伊藤博明(埼玉大)
「動的生のなかの古代――パネル34をめぐって」 加藤哲弘(関西学院大)
「『ムネモシュネ・アトラス』の通時態と共時態」 田中純(東京大)
 コメンテーター:足達薫(弘前大)/上村清雄(千葉大)
         木村三郎(日本大)/三中信宏(農業環境技術研究所)

アビ・ヴァールブルク/伊藤博明/加藤哲弘/田中純 著
『ムネモシュネ・アトラス』(ありな書房、2012年3月刊)

2012年6月30日(土)14:00〜18:00 開場13:30
東京大学駒場キャンパス学際交流ホール(アドミニストレーション棟3F)


共著『ムネモシュネ・アトラス』(ありな書房)が完成し、すでに購入者の方々のお手元に届いているようです(わたし自身は在外のため、まだ現物を手にしておりません)。

感謝を捧げるべき方々があまりに多いこともあり、共著者全体の名のもとでの「あとがき」は簡潔なものにとどまっているため、本書を制作する過程でわたしが個人的に直接・間接にお世話になった日本国内の方々には、この場で謝意を表します。

なかでもとりわけ、東京大学大学院で2006年度に開講した表象技術論演習の参加者であった皆さんには深い感謝を捧げます。このゼミナールでは、グループリーダーの小澤京子さんと坂口さやかさんのほか、荒川徹君、金子美環さん、指田菜穂子さん、田原文子さん、茅野大樹君、富山由起子さん、中井悠君とともに、わたしが担当したパネルの図版関連情報を集中的に確認し、図版配置やそのテーマについて有意義な議論を行なうことができました。ありがとうございます。

『ムネモシュネ・アトラス』完成

自宅に届きました。

IMG_4205.JPG 
IMG_4206-2.jpg 
IMG_4207.JPG 
IMG_4208.JPG 
IMG_4209.JPG 
IMG_4210.JPG

Website

Profile

田中 純
東京大学大学院総合文化研究科・教授
TANAKA Jun, Ph.D.
Professor
The University of Tokyo

Profile (日本語)
Profile (English)

J-GLOBAL 研究者情報
J-GLOBAL English

科学研究費交付実績

『政治の美学』情報

最近の画像

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
CURRENT MOON

過去のブログ記事