『過去に触れる──歴史経験・写真・サスペンス』刊行 - Blog (Before- & Afterimages)

『過去に触れる──歴史経験・写真・サスペンス』刊行

拙著『過去に触れる──歴史経験・写真・サスペンス』が刊行されました。書誌情報は
田中純『過去に触れる──歴史経験・写真・サスペンス』、羽鳥書店、2016年、総ページ数620頁。
IMG_0322.jpg

目次などは出版社のサイトを参照してください。

著者によるガイド的なことを記すとすれば、「はじめに」では本書の構成全体を手短かに解説しています。「序」の4つある章は2011年3月以降の数カ月以内に書かれた短い文章を集め、東日本大震災の経験を本書のテーマへの入り口としています。第I部第1章は歴史の理論篇として「歴史経験」をめぐる各種の理論を扱い、同第2章は拙著『冥府の建築家』の主人公であるジルベール・クラヴェルの謎の恋人「アーシア」を探す過程を通して、「過去に触れる」プロセスを描いています。以降の本論部分で取り上げた対象の多くはそれぞれの章のサブタイトルで示している通りです。すでに部分的には発表したものを多く含む、エッセイの集成ではあるのですが、一冊の書物にまとめるうえで前後の関係には十分に配慮し、全体を緊密に関連づけています。いくつかのエッセイは、そうした関連性を高める観点から書き下ろしました。
しかし、本書はどの章から読み始めてもらってもかまわないと考えています。望むべくは、いわば前後左右にさまようように読み進めてもらい、最終的に結論のテーゼで全体像がつかめればよい、と。あるいは逆に、それぞれのテーゼに付した関連する章番号の案内に沿って本論を読む、という読み方もありうるでしょう。

Website

Profile

田中 純
東京大学大学院総合文化研究科・教授
TANAKA Jun, Ph.D.
Professor
The University of Tokyo

Profile (日本語)
Profile (English)

ReaD 研究者情報
ReaD English

科学研究費交付実績

『政治の美学』情報

最近の画像

2016年4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
CURRENT MOON

過去のブログ記事