『みすず』読書アンケート特集 - Blog (Before- & Afterimages)

『みすず』読書アンケート特集

寄稿した回答は次の通り。

・Simon Critchley, On Bowie. London: Serpent's Tail, 2016. デヴィッド・ボウイの楽曲とみずからの人生との関わりを軸として、時代を追いながら、ごく短い章を連ねるかたちで思索的なエッセイが綴られている。英国の哲学者である著者とは生年月日がまったく同じせいか世代経験に似たところがあり、深い共感をもって読み進めた。
・山内志朗『感じるスコラ哲学──存在と神を味わった中世』(慶應義塾大学出版会) 霊的感覚と味覚、酩酊の哲学といったテーマがすこぶる面白い。味わいを通じて神を語る神秘主義が知らしめる、「制度としてのキリスト教」とは別物の、「情念と感覚が草むらにたむろする裏街道」。著者は「ワインは飲むことのできるスコラ哲学かもしれない」と言う。
・三橋修『〈コンチクショウ〉考──江戸の心性史』(日本エディタースクール出版部) 「畜生」という悪態語の成り立ちを江戸時代にたどり、「畜生」の性質を女性のセクシュアリティに見る社会通念を見出したのち、「子供」というカテゴリーの生成過程を衆道との関係で追跡してゆく。その果てに差別の問題まで視野に収めた名著。
・持田叙子『歌の子詩の子、折口信夫』(幻戯書房) 本書の最大の魅力は折口信夫という人物を、生活者としての息づかいや歌・詩を生み出す感性の原質に即して丁寧に描き出したところにある。著者が指摘するように、折口の〈古代〉が「いつの時代にも姿を変えて遍在」するものだとすれば、それは「ルネサンス」にほかならず、ヴァールブルク的な「古代の残存」という問題圏にも接続するだろう。
・御園生涼子『映画の声──戦後日本映画と私たち』(みすず書房) 四〇歳という若さで逝去した著者の遺稿集。大島渚論を筆頭とする映画論の数々は、尋常でない知的緊迫感と完成度を備えている。その繊細さと強度に、夫君である編者の「それ以外の書き方をすることもできなければ、執筆しないという選択肢もありえなかった」という述懐の意味を知るように思う。

以上。

回答を求められるようになった2002年(2003年1・2月号分)当時は、ヴァールブルクの「良き隣人の法則」に倣い書棚に見立てて複数の本を組み合わせてみたりしていたのだけれど、今回はシンプルに字数・冊数を守って答えることが、何というのか、自分に対する戒めのように思えた。挙げたい本は多々あったが、その選択にいろいろな配慮の働くことが、そろそろ煩わしくもある。
昨年刊行した拙著についてひとりも言及なしというのは著者としては淋しい。とはいえ、その年に出版された書物から選ぶわけではないので、将来のいつか記憶に留めてくれる読者がいることを願う。
常連だった執筆者で今年は回答のない方々もいる。亡くなった方もおられるが、或る時期で回答の権利を放棄するという決断をされる場合もあるのではないかと思う(たんに回答を忘れただけかもしれないけれど)。上述のように、心のままに自然に選んで遊ぶ余裕のなくなったいま、そんな区切り方も必要な気がしている。或る場所で「サヨクのお勉強自慢+仲間ぼめ」という苦言を読み、まあ、そんな印象を受ける向きもあるのだろうと思った。そのような眼も意識するとなると、何とも面倒なことではある。
このアンケート特集号に限らないが、かつては手応えのあったメディアの形式に対して次第にその確信が失われてゆくように感じているのは、社会の変化に加え、わたし個人特有の事情も与っているのだろうか。だが、結局は虚ろな共同性の錯覚を抱いているよりは、書物はそのひとつひとつが孤独であるがゆえに遠くまで届く投壜通信であるという本来の場所まで戻って、読まれぬかもしれぬテクストをかつてのようにこつこつと書き続けるしかないのかもしれぬ。書物に真の意味で応答できるのは書物だけだろうから。

Website

Profile

田中 純
東京大学大学院総合文化研究科・教授
TANAKA Jun, Ph.D.
Professor
The University of Tokyo

Profile (日本語)
Profile (English)

J-GLOBAL 研究者情報
J-GLOBAL English

科学研究費交付実績

『政治の美学』情報

最近の画像

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
CURRENT MOON

過去のブログ記事