蜂起/野戦攻城2017@駒場 ──「出来事」(として)の知 - Blog (Before- & Afterimages)

蜂起/野戦攻城2017@駒場 ──「出来事」(として)の知

A2チラシ01HP用.jpg チラシPDF(15M)

シンポジウム:蜂起/野戦攻城2017@駒場──「出来事」(として)の知
日時:2017年7月29日(土)14時〜18時
場所:東京大学駒場キャンパス 18号館ホール

第1部 蜂起──The Humanities Are Rising Up(人文蹶起)
院生企画:G・ディディ=ユベルマン「蜂起(Soulèvements/Uprisings)」展を拡張する
 ・パフォーマンス「蜂起の風、あるいは残存するトラクト」
 ・パネル・プレゼンテーション

第2部 野戦攻城──藝能としての知
・桃山邑(水族館劇場)「藝能としての建築」
・田中純(東京大学)「(非)知の地震計たち」

総合討議 「出来事」(として)の知へ向けて 
・コメンテイター:桑田光平(東京大学)、森元庸介(東京大学)

【趣旨】
ジョルジュ・ディディ=ユベルマン企画による展覧会「蜂起(Soulèvements/Uprisings)」について考察してきた大学院ゼミ(表象文化論)の参加院生たちと担当教員(田中純)が、水族館劇場主宰・桃山邑氏をお迎えし、水族館劇場のモットーである「野戦攻城」、建築という藝能、藝能としての知、あるいは「出来事」(として)の表象文化論をめぐり、パフォーマンスやパネル展示を含むシンポジウムの場で縦横に論じる。

問い合わせ先:

主催:東京大学大学院・総合文化研究科・超域文化科学専攻・表象文化論コース
共催:
科学研究費・基盤研究(B)「文芸諸ジャンルにおけるリアリティ表現の比較に基づくリアリズム概念の総合的再検討」(研究代表者:田中純)
科学研究費・基盤研究(B)「「同時代性」の探究:思想史・芸術学・文化ポリティクスからの複合的アプローチ」(研究代表者:長木誠司)

Website

Profile

田中 純
東京大学大学院総合文化研究科・教授
TANAKA Jun, Ph.D.
Professor
The University of Tokyo

Profile (日本語)
Profile (English)

J-GLOBAL 研究者情報
J-GLOBAL English

科学研究費交付実績

『政治の美学』情報

最近の画像

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
CURRENT MOON

過去のブログ記事