Blog (Before- & Afterimages): 2018年3月アーカイブ

2018年3月アーカイブ

井上陽水の曲「桜三月散歩道」には、赤塚不二夫責任編集の雑誌『まんがNo.1』第2巻3号(1973年3月1日刊行)附録のソノシートに収録されたヴァージョンがある。

YouTube:

これは作詞者である長谷邦夫の詩に忠実に即した先行するヴァージョンで、アルバム『氷の世界』に収められている、よく知られた曲の詞は、陽水によって歌詞や語りの内容が変えられている。『氷の世界』では陽水自身による語りの部分が、『まんがNo.1』ではレコーディング・エンジニアの大野進によって語られているという違いもある。
たとえば、『氷の世界』ヴァージョンの語りでは、「江戸川」や「帝釈天」といった固有名詞が削られており、それによって、現実に縛られないイメージの自由な連想が許されている。さらに、三番の歌詞にあった「町へ行けば革命だ」というフレーズが歌全体から削除されている点も注目されるだろう。これらの改変を通じて、この曲は『氷の世界』というアルバムの世界観により馴染んだものになっている。
しかし、楽曲としての一体性や完成度の高さとは別に、『まんがNo.1』ヴァージョンにはそれ特有の魅力がある。固有名詞を排除して、平易だが象徴性の高い言葉によってイメージを喚起する陽水の詞の世界に近づけられた『氷の世界』版とは異なり、『まんがNo.1』版にはその完結性を崩す複数の異質な要素のせめぎ合いが感じられるからこそ、陽水の曲としては貴重に思われるのである。
とくに魅力的なのは語りの声だ。『氷の世界』の陽水ヴァージョンよりも低く男性的でかすれたような大野進の声は、どうしても技巧的に響いてしまう陽水の語りよりも、詞に込められたノスタルジーには親和的だったように思える。それとは逆に、「町へ行けば革命だ」という言葉が陽水によって歌われることの違和感もまた拭いがたいのではあるが。

以下に、『まんがNo.1』ヴァージョンの詞全文を掲げる。
「炎の図書館 あるいは文字たちの恍惚」より──
「炎の腕に抱かれたときの文字たちの恍惚を 誰も言わない」

「風の図書館 あるいは書物の終末」より──
「すべての書物のすべての頁が喪われたあとには 風の書物の風の頁」

Website

Profile

田中 純
東京大学大学院総合文化研究科・教授
TANAKA Jun, Ph.D.
Professor
The University of Tokyo

Profile (日本語)
Profile (English)

J-GLOBAL 研究者情報
J-GLOBAL English

科学研究費交付実績

『政治の美学』情報

最近の画像

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
CURRENT MOON

過去のブログ記事